自律神経は、

人の意思に関係なく、自律して働くので、自律神経と呼ばれています。

意識して、心臓を動かすことはできませんよね。心臓を動かしたり、胃腸を働かせたり、24時間365日働き続けている神経です。

活動時や仕事中に活発になる交感神経と、安静時や夜やリラックス中に活発になる副交感神経があります。

交感神経

緊張したり、興奮すると、心臓が速くなり、ドキドキします。重要な商談や、第一志望の受験前、恋の告白時、音楽ライブの時、これらは交感神経が働いています。

副交感神経

逆に、リラックスしたり、休息すると、心臓がゆっくりになり、落ち着いてきます。眠い時、家でくつろいでいるときなどがそうです。

交感神経と副交感神経は、互いにシーソーのようにバランスをとり、

仕事中は交感神経が働く → 血管がギュッと縮む

休憩時間は副交感神経 → 血管が拡張して、血液が流れる 

というように、場面に応じて切り替えがら働いています。

自律神経は、人が生きるために絶対に必要な神経です。

自律神経の働き

自律神経の分かりやすい働き
  • 睡眠中に呼吸をする。
  • 消化して腸内で栄養を吸収する。
  • 暑いと汗をかき、体温調節をおこなう。
  • 心臓や血管を動かし、血液を体内に循環させる。
  • 胃の中が空になると、お腹が空く。
  • 毒素を尿や便として排出する。
  • 寒いと鳥肌を立て、筋肉を小刻みに動かして熱を作る。
  • 睡眠中は脈拍数を減らし、エネルギーを温存する。
  • ウイルスが体内に侵入すると、免疫系に働きかけてウイルスを除去する

これらは働きのほんの一部です。

交感神経副交感神経が必要に応じて自動的に切り替わって働き、体は正常に機能しています。

働き過ぎやストレスなどで、両者の切り替えがおかしくなると、体が正常に機能しなくなります。これが自律神経の不調です。

睡眠前なのに眠れない

お腹がすいて倒れそう!!という空腹感が最近ない

家でくつろいでいる時間なのに、なぜかイライラする

苦手な人や、人前に出ると汗(冷や汗)が止まらなくなる

これらは自律神経が乱れているよくある例です。これくらいなら、誰しも経験あると思います。たいして問題ではありません。

問題は、1日だけはなく、数週間、数か月、数年、と長期間続いているときです。

自動車で例えると、

交感神経はアクセル

副交感神経はブレーキ

赤信号で止まる場面なのに、ブレーキが効かずに壁に激突してしまう。自律神経の乱れが長期間続くと、このようになってしまいます。

激突したダメージは、人によって違ってきます。

自律神経失調症や自律神経の不調の症状

体に出る場合の例

肩こり、首こり、耳鳴り、めまい、食欲不振、

下痢、便秘、眼精疲労、疲労が抜けない、

汗が止まらない、急に体が熱くなる、

湿疹でかゆい、

免疫力が下がり風邪をよくひく

 

心に出る場合の例

無気力

うつっぽい

イライラする

怒りが止まらず怒鳴ってしまう、

急に悲しくなる

泣き出してしまう

不安感が増す

などなど、これらはほんの一例ですが、体や心にダメージが必ず出ます。

仕事や家事をやらないといけないときに、気力がでない、やる気がでない。。。

夜リラックスできる時間なのに、なぜか緊張している、力が抜けない、眠れない。。。

このような場合は、何らかの対処が必要です。

自律神経の乱れからくる症状は、肉体的症状精神的症状があり、同時にいくつもの症状があらわれたり、

時間帯や季節、体の部位によって症状が変わったりするといった特徴があります。

また、なかなか他者につらさをわかってもらえません。見た目が健康体に見えるというのもあります。

当院は自律神経の治療を専門的に扱っています

自律神経の不調を専門に扱ってきている当院だからこそ、あなたの気持ちを同じ立ち位置で見ることができるのです。

自律神経が乱れた体には特徴があります。当院は、その体を楽に戻すことを行います。必ず、絶対に改善する!とは言いません。

しかし、施術経験上、体を楽にすると症状も楽になる。そういうケースをたくさん見てきました。

無料相談も行っております。お気軽にお問い合わせください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)