「何を言うか」より「誰が言うか」

京都の鞍馬山「お富の印」のお札で、家運繁栄、家業の大繁昌を祈ったものです。

大阪の「都島肩こり腰痛センター」の佐々木先生が毎年送って頂けるのです。

佐々木先生は、私が尊敬する治療家で開業25年という大先輩です。

まだ開業前の私とある勉強会でご一緒だったことがご縁でした。「きっといい先生なのだろうなあ」が第一印象でした。

それ以降、年賀状やニュースレターの交換が続いています。佐々木先生の人柄もそうですが、ニュースレターが素晴らしい!

「都島肩こり腰痛センター便り」→ 現在239号!!凄い!ほんまに凄い!!

東洋カラダ研究所の「カラケン応援歌」現在37号。まだまだですね。頑張ります。

「ニュースレターは、クライアントさんとのコミュニケーションとして当院ではHPGoogleよりも大事にしています。」(ご本人談)

いや〜〜かっこいいです!

こういうセリフは、誰が言うかがとても重要に感じます。

言った人によっては、ふ〜ん。あーそうなんじゃー。となりますが、

佐々木先生が言うと、腑に落ちてググッと琴線に響きまくりです。

そういう先生です。

関西方面に引っ越しされたカラケンのクライアントさんには「都島肩こり腰痛センター」を必ず紹介しています。

関西方面で体が辛い人は、ぜひ一度瀬術を受けて欲しいです。きっとあなたの助けになってくれることと思います。

都島肩こり腰痛センター

関連記事

  1. 一人で変える男

  2. 眼精疲労や目疲れの原因はスマホとパソコンどちら?眼精疲労が起…

  3. 急に涙が止まらなくなるのは、気づいて欲しい心から発信されるサ…

  4. 眼精疲労を楽にしてあげると頭痛薬が必要な頭痛が改善することが…

  5. 自律神経失調症で休職中の過ごし方。これだけは守ったほうがいい…

  6. 片頭痛(偏頭痛)の薬が効かなくなると危険です。それでも薬を飲…

最近の記事

  1. ミラーボール

    2021.03.2

ブログ

PAGE TOP