自律神経失調症チェックシートの結果は信じたほうがいいの?

東京中野区にある自律神経と眼精疲労の専門治療院

東洋からだ研究所コンドウです。

 

 

長期間、原因不明の体調不良に悩まされていて、

検査をしたり、薬を飲んでも一時的にしか治らない。

めまいや、頭痛もあって、MRIも以上はなかった。

こめか付近からどんより目の痛みなどもあり、

指のしびれや動悸なども起こる。

先日は、ふとした時に急に涙が溢れてきた。

 

もうずっとこの状態で、

ネットを調べて見ると、

自律神経失調症」という言葉が目についた。

 

その症状を見てみたら、

「あっ私と同じかもしれない。」と強く思った。

よく読むと、病院では「原因不明」と言われることが多い。

 

そのサイトにはチェックシートがあったのでやってみると、

ほぼ当てはまっていた。

 

10点中、7点以上は自律神経失調症だと書いてある。

私は。9点だった。

 

でも、これって本当にあっているのだろうか?

何度も病院で検査もしたのに、

こんなチェックシートで、私の病気がわかるのだろうか?

 

自律神経チェックシートはただの目安です

あくまで、ただの目安です。

あまり深く考える必要はないと思います。

 

当院のチェックシートは少し独特ですが、

これもあくまで目安です。

興味ある人は行ってみてください。

自律神経失調症30のセルフチェック

 

とはいえ、

たかが目安、

されど目安なので、

少し何かを気を付けたほうがいいかな~

と自分の生活を見直してみてもいいのではないでしょうか。

 

深く受け取り過ぎてしまうと

例えば、

激務や転勤、妊娠出産などの環境の変化などで

たまたま一時的に心と体のバランスを崩しているだけなのに、

本当に自律神経失調症になっていくケースがあります。

自分でそう思ってしまうんですね。

 

逆に、

私は自律神経失調症なんだ!!

と強く認めすぎてしまうと、

「だって自律神経失調症だから優しくしてくれないと」

と無意識に他人や周りに、

優しさを要求してしまうケースも多くあると聞きます。

 

自律神経失調症やうつ病の症状は、

日本では、まだまだ受け入れ態勢が整っていないため、

優しさが得にくい環境でもあります。

そういう状況で、

無意識に優しさを求めてしまうようになると

なかなか分かってもらえないと、

さらにストレスが増えて、

症状が悪化するかもしれません。

 

また、チェックシートを全く信じていない人の場合、

もし、何らかの症状が出ているにもかかわらず

私は大丈夫!

強いから!

と体の声を無視してしまうと。。

これはこれで良くない結果になるかもしれません。

 

どれにしても、

大切なことから視点がずれていってしまう可能性が高くなります。

 

大切なことは「これからどうするか」

自律神経失調症のチェックシートを見た人は、

大なり小なり何らかの見るきっかけがあるはずです。

それは、頭痛だったり、突然泣き出したり、

めまいや耳鳴りかもしれません。

やはり、何らかの違和感や不安感があってのことではないでしょうか。

 

自律神経失調症チェックシートで〇が多かった人は、

自分自身を見つめ直す機会にするといかがでしょうか?

 

人間関係はどんどん複雑化し、

以前はなかったストレスも増えています。

一年中仕事で忙殺されている人もたくさんいます。

 

見つめ直して、できることから始めましょう。

例えば、

あまりにも激務で、

睡眠時間や休日が削られているのなら

仕事を少なくしたり、

30分でもいいので睡眠時間を確保したり。

出来る範囲でいいので。

とにかく、

自分を労わることに意識を持って行ってみてください。

 

今、自律神経失調症が増えています。

日本で70~80万人はいるといわれています。

 

自律神経失調症やうつ病の予備軍を含めると

相当な数にのぼるのではないかという説もあります。

 

スマホの普及でSNSなどが広まり、

便利になった反面、

ストレスを感じり機会が増えたことも事実。

誰でも自律神経失調症になっても不思議ではありません。

俺に限って大丈夫!

私に限って大丈夫!

そうは言えない時代です。

 

病院に行っても、

精神安定剤や睡眠薬などの薬を処方されるだけがほとんどです。

目の前のつらい症状は緩和されるかもしれませんが、

薬は常用すると効き目が麻痺して薄れるので、

だんだんと強い成分の薬を処方される傾向にあります。

 

休息が必要なのに、

体はダメージを受け、蓄積されています。

最悪の場合、薬が効かずに過剰に摂取してしまい、

身も心もさらにつらくなっていくケースもよく聞きます。

 

うつ病や自律神経失調症は、

自分で改善しようという気持ちがないと、

なかなか治癒はしづらいです。

 

これは、自律神経失調症だけではなく、

病全般に言えることです。

治癒させるのは、あなたご自身の自己治癒力なのですから。

 

このような人のお役に当院は立ちたいです。

 

体を楽にすると、症状も楽になる

 

お医者さんは認めないかもしれませんが、

今までの施術経験からこのようなケースは枚挙にいとまがありません。

 

自律神経失調症は心の病という声もあります。

心にアプローチすることは、

何をどうすればいいのかはっきりと分からず、

迷いが増える結果になることもあります。

 

まずは休むこと。

そして、100点を目指さず、今の自分にオッケーしてあげること。

 

そうやって休息しながら、

体にもアプローチしてみませんか?

 

体の素晴らしいところは、

ケアすれば、必ず結果が出るところです。

体を楽にするとと何らかの結果が必ず出ます。

 

例えば、筋トレをすると必ず筋肉がつきます。

それと同じく、

体を楽にすると、症状にも変化が出ます。

 

そうなると、気持ちや心も楽になってきます。

そのような人をたくさん見てきました。

当院は自律神経の調整を専門にしている鍼灸整体院です。

自律神経の不調の人をたくさん施術してきたからこそ、

あなたと同じ立ち位置に立てると自負しています。

 

苦しい状態がいつまで続くのだろう。。。

薬をいつまで飲まなければいけないのだろう。。

薬に依存するのは不安だ。。

リバウンドが怖い。。

 

そう一人で考えて悩まなくていいですよ。

ぜひイメージしてください。

今の症状がスッキリとれた自分。

明るい笑顔が増え、人生を謳歌している自分。

 

それを一緒に目指しませんか?

自律神経の専門治療院で体を変えてみませんか?

 

当院は対話を重視した丁寧なカウンセリングと独自の検査を行い、

オーダーメイドの施術をご提供します。

 

無料相談も行っております。

お気軽にご相談ください。

 

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

 

WEB限定割引はこちら

よく読まれている記事

 

 

関連記事

  1. 至福の時間

  2. 毎度真剣さは琴線に響く&人間、年齢は関係あるけど関係ないなー…

  3. 気持ちが少し楽になる「人生と〇〇は別物」という考え方

  4. 中野区の名店!東洋からだ研究所から徒歩3分にある三笠食堂

  5. 改善しない肩こりの本当の原因を知りたくないですか?長引くなら…

  6. 不機嫌な相手の顔色をうかがってビクビクしてストレスをため続け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ミラーボール

    2021.03.2

ブログ

PAGE TOP