不眠、頭痛、肩こりでご来院されたMKさん【お客様の声】

肩こり,頭痛、不眠でご来院されたMKさん(20代、女性、東京都)

私の顔を見ただけで悩みを見抜いてくれました。

私は寝ても疲れがとれず、寝起きがすっきりしなくて仕事中に眠気におそわれることが多々あり、定期的な頭痛におそわれていました。

そんな悩みを即時に判断し、的確な治療をしたいただきました。

一回の治療で驚くほど効果があり、目覚めはスッキリ、頭痛も本当になくなりました。

セルフケアも教えていただき、今は体調が良く毎日が充実しています。

先生には人生を変えていただきと大げさではなく、心からそう思います。ありがとうございます。

身体の状態(当時)

肩こりはもちろんでしたが、頭痛(特に後頭部)が激しいお体の状態でした。

ひどい肩こりがあると、常に気持ちがスッキリしないし、頭痛があると行動する気力がなくなりますよね。こればかりはなってみないと分からないし、周りにも理解されにくいのでつらいです。

MKさんもその状態が続き、せっかくの休日も外出する気がしないと言っていました。

日常生活を過ごしやすくするには、まず「頭痛の痛み」を改善するアプローチが早急に必要と感じ、

次に、肩こりと不眠のアプローチとして、「自律神経を整える施術」を行いました。MKさんは、そのころ、責任あるポジションになったばかりで常に気が張っていたとのことでした。

施術内容と経過

日常生活を過ごしやすくするには、まず「頭痛の痛み」を改善するアプローチが早急に必要と感じ、

次に、肩こりと不眠のアプローチとして、「自律神経を整える施術」を行いました。MKさんは、そのころ、責任あるポジションになったばかりで常に気が張っていたとのことでした。

常に気が張る = 常に緊張している = 自律神経が乱れる = 全身の血流が落ちてしまう

短期ならいいかもしれませんが、長期になると、身体と心が徐々に疲弊し、治癒力と回復力が落ちてきて、何らかの症状が出てきます。まさに、そのときにご来院されました。

二回の施術でほぼ頭痛が出なくなり、あとは月に一回の施術で「自律神経を整える」を中心に行うと、不眠と肩こりもほぼ解消されました。

MKさんは、聡明さに加え、抜群の素直さをお持ちの方で、自宅でセルフケアや運動を同時に行ってくれたことも、早期の改善に大きく役立ちました。

ご来院当時独身だったMKさんは、今や一時のママです。クライアントさんの人生の歴史を傍らで感じることができる。これも治療家として幸せなことだと心から思います。

今は遠方でお住いのためご来院できませんが、当院発行ニュースレター(健康情報やセルフケア)をお届けしています。その都度近況のお返事をいただいております。離れていても関係が続くことに感謝しています。

今後ともよろしくお願いいたします。

肩こり、頭痛、不眠は、自律神経を整えることで改善も早くなります

肩こりだけ、首こりだけという症状の人はいません。

それ以外に何かしらの症状があります。不眠だったり、頭痛だったり。

また、原因も、痛い・つらい場所以外にあることが多いです。

さらに、ストレス社会の現代では「自律神経の乱れ」が絡んできます。

特に、スマホやパソコンの凝視はそれを助長します。肩こりや首こりだけでなく、自律神経失調症やうつ病など原因不明の疾患が増えたこともその要因かもしれません。

根っこの原因である自律神経を整えないことには本当の意味で改善は難しいでしょう。局所だけアプローチされても、すぐ戻ったり、良くならなかった経験ありませんか?

東洋からだ研究所のアプローチは3つ

①あなたにとって一番大きな原因

②今つらい局所

③自律神経を整える

この3つを同時にアプローチするから、他とは違う効果をご提供できると自負しています。

当院は、10000件以上の施術経験があるからこそ、あなたと同じ立ち位置で向き合うことができるのです。

そして、ずっと通っていただく気もありません。ぜひ症状が良くなって当院を卒業してください。

それが当院の願いです。

施術コースを詳しく見る

ご予約、お問い合わせ

ご予約、お問い合わせは、メール・電話・LINEから

一日以上返信が無い場合、届いていない可能性があります。

その際はお電話(050-3595-1677)にてお知らせください。

 

関連記事

  1. 原因不明の偏頭痛は自律神経を整えると改善します

  2. 自律神経失調症(慢性肩こり、腰痛)でご来院されたTさん【お客…

  3. 不眠薬の効きが落ちてきて不安になっていませんか?

  4. 自律神経失調症を周りに「なまけ病」みたいに扱かわれ、焦って余…

  5. 眼精疲労で肩こりになる理由とその対策

  6. 視力低下や老眼はスマホやパソコンのせいなの?スマホ老眼が気に…

最近の記事

ブログ

PAGE TOP