ヘルニアと診断され、ご来院された腰痛のKさん

東京中野にある自律神経と眼精疲労の専門鍼灸整体院

東洋からだ研究所コンドウです。

紹介でご来院された腰痛のKさんです。

 

一か月前に急に右腰が痛くなった。

腰を曲げることもきつく、

ゆっくりにしか歩けなくなり、

靴下をはくこともままならない状態になり、

整形外科に行くと、

腰椎椎間板ヘルニアと診断された。

病院の電気治療やリハビリでは効果を感じず、

このままだと手術が必要になるのでは。。

と不安になり、ご来院されました。

 

お仕事柄、車や電車、新幹線の移動が多く、

痛み止めの薬が切れると、

腰がズーンと重くなり

太ももから足の外側がしびれてきて、

とてもつらかったそうです。

 

腰痛もそうですが、

肩こりや頭痛、

かゆみやしびれなど、

体に対する違和感が常にあると、

気が滅入ってきます。

早急に改善が必要です。

 

【当院の見立て】

・右腰のインナーマッスルがガチガチにかたい

・左右の股関節がかたい

・左のお尻の筋肉がかたい(右腰の代償と推測)

・腰痛が一か月続いていることにより、体が歪んでいる

→ 特に、右肩の下がり、首の左への傾きが大きい

 

【治療方針】

・まずは痛みをやわらげる(鍼灸には鎮痛作用があります)

・全身の歪みを腰の状態に合わせて、整える(整体)

→ いきなり歪みを整えすぎると痛みが増すこともあります。

・痛みの要因のである、腰のインナーマッスルである筋肉をやわらかくする(鍼)

 

【ご自宅のケア】

・股関節のストレッチを一日一回(90秒)

 

【経過】

週一回の施術を一か月続けると、痛みの85パーセントが解消。

痛み止めは、今は飲んでいない。

ふくらはぎの外側がたまにしびれる。

 

【現在】

施術2回目で、腰がやわらかくなったことをKさんが自覚。

それからは施術ごとに大きく改善していった。

現在は、3週間に一回の施術で、

残り15パーセントの痛みに対応中。

 

日常で痛みが気にならなくなってことが、

とても良かったとのこと。

 

病院でヘルニアと診断された腰痛が改善した理由(当院の考え)

 

・最初の4回目までは週一回と施術間隔を詰めたこと。

→ 初期にたたみかけて施術を行わないと、一進一退になることがあります。

 

・Kさんが毎日ストレッチをかかさず行ったこと

→ 施術時間以外のほうが長いので、ご自宅でのケアをしてもらうと

毎回の施術効果が大きくなります。

 

腰痛対策のストレッチはこちら

 

当院は、自律神経由来の症状だけではなく、

肩こりや腰痛も得意としています。

 

なかなか改善しない腰痛

病院で手術が必要と言われた腰痛

しびれをともなう腰痛

 

このような人は一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

 

WEB限定割引はこちら

 

 

 

関連記事

  1. 腰痛予防の一番手!大腰筋ストレッチ

  2. 腰痛でゴルフが思うようにできずにストレスを感じている人にオス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ブログ

PAGE TOP