必見!自律神経失調症の対策でよくある「一日三食とる」の本当の意味を知りませんか?

東京都中野区の鍼灸整体師コンドウです。

夜勤の仕事がきっかけで生活リズムが崩れ、自律神経失調症になってしまった。

何とか治したい。

何かいい対策はないか??

ネットで調べているとがたくさんあり過ぎて迷ってしまうし、全部やろうと思うとなかな出来ず、逆にストレスになってしまう

そういう経験ありませんか?

自律神経失調症の対策で多いものをネットから抜粋しました。

・良い人間関係を築く

・ストレスを減らす

・感情を表に出す習慣をつける

・カフェインなどの刺激物を摂らない

・加工食品や保存料入り食品を摂らない

・早寝早起きをする

一日三食きっちり食べる

確かに、これらが全部できたらいいと思います。

自律神経失調症だけと言わず、不安神経症、うつ病などなど様々な疾患が改善するかもしれません。

しかし、、、全部実行することは難しくないでしょうか。

ましてや、心身共に弱っている時期にやろうとすると余計にストレスになり、症状が悪化するかもしれません。

今回は対策として多い、一日三食きっちり食べることについてピンポイントで書きます。

最近空腹感がわかないな~という人はぜひお読みください。

自律神経失調症の対策として「一日三食きっちり食べる」の意味

結論から言います。無理に一日三食食べなくてもいいです。

お腹ら空いたら食べてください。

自律神経が乱れている人や自律神経失調症の人との当会話です。

・ご飯は食べてますか?

「はい。普通に」

・ということはお腹は空くのですね?

「いえ、特に空いてないけど食べてます」

「そういえば、学生時代のような「お腹空いた~」はないですね」

・ではなぜ食べるのですか?

「時間が来たから」

「何となく食べないといけない気がして」

「食べないと家族が心配するから」

こういうケースはとても多いです。

空腹じゃないのに食べる

これは自律神経が乱れる原因になることがあります。その結果、自律神経失調症やうつ病に繋がるかもしれません。

空腹ではないのに食べると、内臓が疲労し、自律神経が乱れる原因になります。

理由は以下です。消化吸収は内臓が行います。

内臓は自律神経が動かしています。

空腹感がないということは、前に食べたものがお腹に残っていて、内臓が消化と吸収している。

もしくは、何らかの理由で内臓を休ませるため、食欲を抑えている。

という状態です。

胃腸がまだ消化吸収中だから、食べるのは少し待ってくれ!というサインです。

この状態で空腹感がないのに、時間が来たから食べたらどうなるでしょう。

内臓は休む暇なく働き続けないといけません。内臓が働くということは自律神経も働くということ。

頑張り過ぎて休むことができないと、自律神経はどうなるでしょうか??

正常な働きができなくなります。

食欲が無いのに食べると、自律神経が乱れることがある理由

自律神経は交感神経と副交感神経の二つです。

車で例えると、交感神経は、活動、興奮などのアクセル

副交感神経は、休息、リラックスなどのブレーキ

止まったり、減速したほうがいい場面なのに、ブレーキがかからず、アクセル全開で突っ走ってしまい交通事故を起こしてしまう。

正常な働きができないとはこういうイメージです。

もしくは、体内に病原体ウィルスが入ってきているから、消化吸収するより免疫を高めて撃退させたほうがいい。

 だから食欲を止めて消化吸収という胃腸の仕事をストップさせ、免疫向上に全力を傾けるというケースもあります。

(免疫向上に腸の働きは欠かせません)

風邪をひいたら大抵食欲が落ちる理由はそういうことです。

(高熱が出るのは、体温が高いほうが免疫力が上がるから)

 一日三食きっちり摂ることを否定しているのではありません。お腹が空いているならガンガン食べればいいです。

お腹が空いたら食べる

ぜひこれを意識してみてください。

一日三食摂らなきゃ!食べないと体に毒だ!

このような考えは個人的には捨てていいのではないか思っています。

しかし、食べることは人間の楽しみの一つです。だから、かたくなにならなくてもいいと思います。お腹が空いていなくても食べてもいいです。

そういうときは、半分食べるとか、次の日の昼ごはんを減らす、抜くというふうに臨機応変にすればいいと思います。

是非お試しください。とても簡単です。

それでも改善しない場合は、当院がお役に立てるかもしれません。

対話を重視した丁寧なカウンセリングと独自の検査を行い、鍼灸と整体を中心としたオーダーメイドの施術を行います。院長のコンドウは、自律神経専門病院で5年間鍼灸を担当していたので、自律神経由来の症状を得意としています。

都内23区、埼玉、千葉、神奈川、横浜、遠くは神戸や静岡からもご来院いただいたおります。

今すぐお気軽にお電話ください

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

料金はこちら(ネット割あります)

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。

そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。

病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

もちろん、医学的や科学的なしっかり根拠を述べることはできませんが、今までの10000人以上のお体を視てきた経験則で

体を変えると、症状も変わる。

症状が変われば、気持ちも前向きになり、笑顔が増えます。

悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

関連記事

  1. まんが道 魂の一冊

  2. 自律神経失調症で「ストレスが原因ですね」が最大のストレスにな…

  3. ブラック企業勤務のストレスが自律神経の乱れを引き起こし、不眠…

  4. 自律神経失調症(湿疹、肩こり、偏頭痛、突然死にたくなる)でご…

  5. 夏バテで食欲不振の対策、食べる?食べない?

  6. ブラック企業をやめられない自分を責め続けて眠れなくなっていま…

最近の記事

ブログ

PAGE TOP