自律神経と紫外線と目の意外な関係。日差しを浴びると疲れやすくないですか?

東京都中野区にある自律神経失調症の専門治療院

東洋からだ研究所コンドウです。

週末に家族でディズニーランドに行った。

いいお天気で暑かったけど、子どもの楽しそうな笑顔を見ると、行って良かったと心から思う。

しかし、その日を境に、寝ても疲れがとれなくなった。やたら疲れやすくなり、朝起きても、体がだるい。。

許されるものならば、もう少し寝ていたい。。

それでも朝食の準備をしないといけないので無理やり起きて、子どもにご飯を食べさせ、私も急いで会社に行く準備をする。

満員電車でさらに疲労が増したせいか、仕事にいまいち集中できない。

ちゃんと睡眠もとってるし、ご飯も食べている。

どうしてだろう。。。この疲れの原因はなんだろう?

日差しが強くなる5月~10月は、疲労が抜けない時期が続くことがあります。今回はその要因と対策について書きます。

暑い中出歩くと疲労がたまる

一日中でなくても、10分ほど散歩しただけなのに、やたらと疲れを感じることありませんか?

私も経験があるのですが、日差しが強い日に外に出ると、特に運動もしていないのに、何となく、ハ~疲れた。ということがあります。

その際、まぶたが腫れぼったくなっている気もします。

その原因の一つとして考えられるのは、紫外線です。

紫外線を浴びると、体内に疲労物質ができる

近年、紫外線を浴びると疲労物質が増えるという研究データがあります。

詳しくはこちらです →(紫外線と疲れの意外な関係

紫外線を浴びると日焼けします。日焼け止めクリームや、日傘をして、日焼けを防止しますよね。

しかし、紫外線は目からも入ります。

目に紫外線が入ると、脳に信号が送られ、疲労物質を作ります。

これが、日差しが強い5月~10月の疲労の原因の一つです。

ちなみに、日焼け止めを塗っていても目に紫外線を浴びると、体が日焼けします。

日焼けの要因であるメラニンが体内で産生されるのです。

暑い時期に疲労をためない簡単な対策

サングラスです。

もちろん、UVカットのもの。これだけで目への紫外線の侵入を防げます。結果、疲労感がかなり減少します。

私も実際行ってみて、体感しました。

特に、長時間の外出時は、必須アイテムといっていいでしょう。

サングラスを選ぶポイント

まず、レンズの色の濃さと紫外線カットの強弱は無関係です。

濃い色の方が紫外線をカットしてくれそうな気がしますが、あくまでも、それは気のせいです。

重要なことは、紫外線透過率です。

紫外線透過率が低いほど、紫外線をカットしてくれます。

例えば、紫外線透過率0.1%は紫外線を99.9%カットしてくれるということになります。

ということで、紫外線透過率が低いものを選びましょう。

予算とデザインを加味して選びましょう。

街行く見まわしてみると、サングラスをかけている人は少ないですよね。

「格好つけちゃって」

「なんとなくいきがっている」

「似合わないから」

「サングラスをするという発想がない」

という感覚が多いかと思いますが、分かります。私もサングラスという選択肢はありませんでした。

ここは、周りの目は気にせずサングラスをかけてみましょう。ちょっとした変身気分も味わえますよ~

紫外線から目を守る意識を持ってみませんか?

そんなことより問題なのは、目を紫外線から守る意識が薄いだと思います。

紫外線が目に及ぼす影響はとても大きいです。

デスクワークのパソコンやスマホでもともと目が疲れているところに、

強い紫外線を浴びると疲れやすい体になったり、疲労が蓄積さて、日常生活に支障が出ても仕方がありません。

疲労がたまりすぎると、自律神経が不調になります

疲労が蓄積すると、ストレスも蓄積していきます。そうなると、自律神経も不調になってきます。

詳しくはこちらに書いてあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ストレスに負けない為に知っておきたい、ストレスと自律神経と原因不明の体の不調の関係

いつもなら気にならないことでも、疲労とストレスが蓄積するとイライラして怒りっぽくなったり、ささいなことで不安になったり、ネガティブになったりします。

それを予防するためにも、疲労をためないことがとても大切になります。

寝てもなかなか疲労がとれない。。

朝イチから疲れている。。

睡眠が浅い日が続いている。。

そんな人は自律神経が不調になっているかもしれません。詳しくい知りたい人はこちら

↓↓↓↓↓

原因不明の体調不良の時によくある「自律神経の乱れ」とは、どういうこと?

一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時営業(予約制)

自律神経が不調になると出てくる初期症状

今まで施術してきた私の経験則で最も多い初期症状は、

「肩こりがきつくなった」

「今まで感じなかった肩こりを感じるようになった」

肩こりと自律神経の関係と対策はこちら

「眠りが浅くなった」

「目が疲れやすくなった」

でしょうか。

この段階で何らかの対処をしておくと回復も早いですが、さらに放置するとイラストのような症状が出ます。

心当たりある人は、一度ご相談ください。

無料相談も行っております。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時営業(予約制)

料金はこちら(ネット割あります)

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。

そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。

病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

もちろん、医学的や科学的なしっかり根拠を述べることはできませんが、今までの10000人以上のお体を視てきた経験則で

体を変えると、症状も変わる。

症状が変われば、気持ちも前向きになり、笑顔が増えます。

悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

関連記事

  1. 些細なことにイライラして、傷つきやすくなっていませんか??

  2. つらい肩こりが軽くなる!オススメの対処法!

  3. ヘルニアと診断され、ご来院された腰痛のKさん

  4. 家系ラめん

  5. 自律神経失調症やうつになる前に知ってほしい怒りやストレスの発…

  6. 「頑張り過ぎない、無理しない」が逆にストレスになって自律神経…

最近の記事

ブログ

PAGE TOP