実は危険!梅雨明けから急増!熱中症は睡眠中に起こる!その対策教えます

東京新宿中野【自律神経専門】鍼灸整体院東洋からだ研究所

 

朝までクーラーをかけると寒いし体に悪そうなので、

2~3時間タイマーにして、せっかくの冷風が逃げないように窓を閉め切って寝ている

 

このように寝ている人いませんか??

朝を迎えた時、なんか体がダルくないですか?そのとき部屋の湿度はどうでしょう。かな~りムシムシしていませんか?

前夜の体力や気力、精神状態によっては、睡眠中に一発で熱中症になります。せっかく体力回復のために睡眠するのに、熱中症になるとは。。。

暑いから家の中でクーラーをかけて、極力出歩かないにしているのに、なぜ頭が痛かったり、肩がこるんだろう?

そういう人は睡眠の取り方を変えてみるといいですよ。

原因は熱中症かもしれません。

熱中症の60%が室内で起こっている

ここでいう熱中症は、野外で活動中に熱中症になってしまうわけではなく、プチ熱中症のようなイメージです。

実は、熱中症の60%が室内で起こっているそうです。

東京都長寿医療センター調べ

熱中症は、屋外の炎天下で運動したりするとなりやすいイメージが強いですが、気温が高くなくても、湿度が高いと室内でもサクッとなります。

危険なのは、睡眠中。

私の考えでは、睡眠中に熱中症になるケースが多いです。

なぜ睡眠中に熱中症になってしまうのか?そのメカニズム

【窓を閉め切って、クーラーを2時間後切りタイマーで睡眠の場合】

クーラー切れる → 室内の湿度上がる→ 汗をかいても蒸発しなくなる → 体温下がらなくなる → 自律神経が体温高いと判断 → さらに汗をかくよう指示する → 体温上がる&体内水分激減 → 脱水症状進む → 熱中症

ポイントは湿度の高さ。

 湿度が高いと汗をかいても蒸発しないので、体温が下がらないのです

 

熱中症にならないための睡眠対策3つ

ポイントは、部屋の風通しをよくすること。

①扇風機・サーキュレーターをフル回転!

 風が体に当たらないように、部屋全体を循環させてください。一晩中がオススメ。

やるとやらないでは全然違います!

空気が循環すると、湿度と温度の体感が下がります。 

カラケンはこちらを使っています。


 

広い部屋にはこちらがおススメ。安心のアイリスオーヤマ

サーキュレーターを床に置き、天井をめがけて、首振り全開&窓を少し開けて一晩中回します。

これだけで、室内の温度と湿気が軽減しますよ~

電気代は安くて、一日10時間使用で一か月約270円くらい。

ちなみにクーラー(400W)の場合は、一日10時間使用で一か月約3000円。800Wはその倍の約6000円

軽い除湿なら一晩中かけてもいいかもしれませんね。クーラーをタイマーにして併用もグッド。(ちなみに私はクーラーは寝る前に切っていたのですが、今年は暑すぎるので除湿を一晩中あれしています)

注意点は、風を体に当てないこと。直接当たってしまうと体が冷えてしまいます。暑い時期は7~8月の二カ月だけなので、クーラーも節電ゆるめで使っていきましょう。

 

②お腹と足を冷やさないこと

クーラーを一晩中かけて眠っている人は、レッグウォーマーとウエストウォーマーを睡眠中に着用することがおススメです。 

レッグウォーマーの裏技は、「踝の下をしっかりと覆う

踝の下は、血管が皮膚の表面に位置しているため、外気温に敏感。ここを抑えておくと身体は冷えづらくなります。

図はサポーターですが、使用イメージは以下です。

寝相が悪くて朝タオルケットがかかっていない人は、腹巻とレッグウォーマーをして寝るといいです。

お腹と足が冷えると体全体に冷えが浸透し、せっかく部屋を涼しくしても逆に体調が崩れ、クーラー病になってしまいます。

私は、腹巻とレッグウォーマーをして、タオルケットを足元に軽くかけているだけです。

無理する必要はありません。暑いと感じたら迷わず脱いでくださいね。

 


 

 


 

 

③氷枕を敷いて寝る

これはとっっても効果的です。 

東洋医学では、健康を保つには頭寒足熱(ずかんそくねつ)という考え方があります。

頭寒足熱についてはこちらです 

↓↓↓↓↓

自律神経を整える対策として頭寒足熱がいい理由

頭寒足熱とは、文字通り、頭を冷やし足を温めること。 100均のものだと30分くらいでぬるくなるので、睡眠時はガチのやつを使うといいです。

本家アイスノン。薬局で確か1000円くらいだったはず。

表面が柔らか仕様のものがオススメ。私はこれをタオルをかませて使っています。大なり小なり、夏場は体に熱がこもります。

日中はオフィスのクーラーで体が冷え冷えだったのに、夜は頭や首に熱感があるな~

 そういう人は熱がこもっています。ぜひ一度お試しください。

~熱中症対策の睡眠法まとめ~

1,サーキュレーターをフル回転して風通しをよくする!

2,一晩中クーラーでの睡眠時は、レッグウォーマーとウェストウォーマーを!

3,氷枕!

自分が気持ちいいと感じるかどうかが目安です

暑い時期の体調不良は自律神経の乱れが原因

熱中症のよくある症状は、体がほてる、めまい、頭痛、吐き気、筋肉痛、足がつる、首や肩がこるなどです

体温調節を担う自律神経が湿度の上昇で乱れ、血行が落ちることから起こります。

熱中症は夏場だけと考えて放置していると、自律神経の乱れが慢性化して、体調不良になっていることに気付けない場合が多いです。そのまま見過ごすと、秋や冬になっても体調不良が続きます。

自律神経が乱れると、病院の検査で異常なしでも様々なつらい症状がでます。

お医者さんでも原因不明。。

詳しくはこちらに書いてあります。

↓↓↓↓

原因不明の体調不良の時によくある「自律神経の乱れ」とは、どういうこと?

 上記の症状を当院は得意としています。今のうちに対処することがオススメです。少しでも不安を感じたら当院へご相談ください。

当院は自律神経を扱う専門の鍼灸治療院です

自律神経が乱れた体の共通点

 
10000件以上の施術経験から導き出した当院独自の検査です。
 
 

・背中や後頭部がかたい

・手足が冷え傾向

・目が慢性的に疲れている

東洋からだ研究所のアプローチは3つ

①最も大きな原因

②今つらい局所

③自律神経を整える

この3つを同時にアプローチするから、他とは違う効果をご提供できると自負しています。
 
当院は、10000件以上の施術経験があるからこそ、あなたと同じ立ち位置で向き合うことができるのです。
 
そして、ずっと通っていただく気もありません。
 
ぜひ症状が良くなって当院を卒業してください。
 
それが当院の願いです。

コースを詳しく見る

自律神経失調症やうつ状態やうつ病は、心から、身体から、の2種類のアプローチができます。

当院は身体から自律神経の調整を行います。施術件数10000件以上の当院に安心してお任せください。

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。

そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

医学的や科学的な根拠を述べることはできませんが、今まで10000人以上の施術経験で

体を変えると症状も変わる

症状が変われば気持ちも変わる

笑顔が増え、日々の生活が楽になります。

そして気が付いたらつらかった症状を無くなっている。当院の最も多いケースです。

一人で悩む前に、自律神経の専門に扱う当院にぜひ一度ご相談ください。

営業日 火・水・金・土 (10時~20時)

ご予約、お問い合わせは、メール・電話・LINEから

  【よく読まれている記事】  

関連記事

  1. 食べすぎると身体が重く疲れを感じる理由とは?自律神経との関係…

  2. 自律神経失調症でカウンセリングを受けても改善しない場合がある…

  3. 男性向け!夏の涼しいファッション

  4. 風邪・コロナ・インフルエンザの簡単な予防法

  5. 自律神経失調症の原因といわれる「自律神経の乱れ」これを整える…

  6. 自律神経失調症チェックシートの結果は信じたほうがいいの?

最近の記事

ブログ

PAGE TOP