侮れないクーラー病と自律神経と体調不良の関係性と対策

東京中野にある自律神経失調症の専門治療院

東洋からだ研究所コンドウです。

とにかく、オフィス内が寒い。クーラーが効きすぎている。。

男性社員が多い職場のためか、一日中社内でデスクワークの私には、とても寒い。。。。

設定温度20℃。。。密かに、設定温度を28℃にしても、気が付くと20℃に戻っている。

きっと、暑がりの男性社員が下げたのだろう。。

休憩時間に外出すると、一瞬クラッとする。ムアッと蒸し暑く、日差しが強いので、倒れそうになる。。

そのせいかは分からないけど、おも~い肩こりから始まり、頭痛が出始め、ひどくなると、吐き気やめまいが出てくる。

毎年、6~8月になると、生理痛がきつくなり、体調が崩れてしまう。。

それと並行するように、いまいち気持ちが盛り上がらなくなり、無気力になるというか、好きな音楽ライブにも興味がなくなったりする。。

毎年やってくるクーラー病の季節です。

当院のクライアントさんは、女性が9割くらいですが、6月以降、こういった症状の人が急激に増えます。

社内や室温は20℃

外は30℃超え

体温調節機能はグラッグラに揺さぶられます。このような環境が続くと、体調が崩れても不思議ではありませんよね。

クーラー病で体調が崩れる理由は??

人間の身体が急な温度変化に対応できるのは

∓5℃以内といわれています。

冷え冷えのオフィスや、電車内、スーパーやコンビニ、さまざまな建物内はクーラーがガンガンに効いています。

これらと、外の温度の差は∓5℃を余裕で超えています。

このような温度変化を一日に何回も、それを数か月も頻繁に繰り返すと、体調が崩れても不思議ではないと思いますよね。

そうなると、さまざまな症状が出てきます。

前述した、

重~い肩こり、頭痛などは頻繁に起こります。

それ以外にも、生理痛がきつくなったり、めまいや吐き気、耳鳴り、食欲不振、下痢、などがあります。

そして、病院で検査をしても異常がなく、原因不明とされることがあります。

体の症状だけではなく、イライラ、不安感が強い、突然悲しくなって泣きたくなる、何事にもやる気がなくなり、無気力傾向になるなどの精神的な症状も出ることも大いにあります。

あなたもこの時期になってくると、温度調整がうまく取れずに原因不明の体調不良を感じていませんか?

その理由として、クーラー病による自律神経の乱れがあります。

この時期に決まって体調が悪くなるという人は、これから先の記事を読んでみてください。

クーラー病でなぜ自律神経が乱れるのか?

体温の調節は、自律神経が行っています。

自律神経とは、心臓を動かしたり、消化吸収をしたり、内臓を動かしたり血液を全身に送ったり、ホルモン分泌に深くかかわったり、

などなど、人間の生命活動の根幹を担っています。

詳細な説明はこちら→ 原因不明の体調不良の時によくある「自律神経の乱れ」

オフィスから外、外からオフィスやお店に移動することは、言い換えると∓5℃を超える急激な温度変化を何回も繰り返すこと。

こうなると、体温を調整している自律神経が狂ってしまいます。

クーラー病による自律神経の乱れを整える対策

①十分な睡眠

②ストレスを少なくする

③適度な運動

④バランスの良い食事

⑤規則正しい生活

自律神経を整える方法をネットで検索する上記が出てきます。このような生活を送れているなら、自律神経も崩れにくいかもしれません。

しかし、仕事で大きなプレッシャーをかかえていたり、残業が続いていたり、初めての育児で不安を抱えて、物理的に睡眠がとれなかったり。生活がいそがしくて、なかなか余裕が生まれないケースも多いはずです。

そのような状況だと、自分の心身や生活を顧みる余裕がどうしても難しくなりますよね。

むしろ、そういう人のほうが多い世の中ではないでしょうか。

心身のどこかで疲労がある場合、クーラー病で自律神経が乱れやすいのも仕方のないことかもしれません。

これらを踏まえて、東洋からだ研究所が最も効果的だと感じる対策です。

クーラー病による自律神経の乱れの対策

半身浴が効果的です。

体を芯から温める機会を作ることは自律神経を整えることに、とても有効です。

詳しくはこの記事に書いています。

自律神経失調症の対策として頭寒足熱がいい理由

仕事が残業続きで忙しくて、入浴する暇もない人も多いはず。特に、赤ちゃんの育児をしているママはそうなのではないでしょうか。

心身が疲労すると、お風呂に入る余裕もないですよね。

少なくともシャワーの回数を減らし、入浴の回数を増やすようにしましょう。

それでも改善しない場合は、自律神経専門の当院にご相談ください

このような症状が続き、つらいときは自律神経の不調の可能性が高いです。

お気軽にご相談ください。

このような症状が続き、つらいときは自律神経の不調の可能性が高いです。

お気軽にご相談ください。

多くの人が、自律神経が乱れています。

それを変えると、症状は緩解するケースはたくさんありました。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

料金はこちら(ネット割あります)

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。

そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。

病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

もちろん、医学的や科学的なしっかり根拠を述べることはできませんが、今までの10000人以上のお体を視てきた経験則で

体を変えると、症状も変わる。

症状が変われば、気持ちも前向きになり、笑顔が増えます。

悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

関連記事

  1. 冷えは万病の元の理由

  2. 目がショボショボするドライアイは眼精疲労が原因です。その対策…

  3. 頭痛薬が効かなくなった目の奥が痛む偏頭痛は自律神経の乱れが関…

  4. 自律神経をの乱れを整える最強アイテムはこれだ!!

  5. 腰痛でご来院されたゆうこさん(ダンサー)【お客様の声】

  6. 天使さん、いらっしゃ~い!ようこそ地球へ!

最近の記事

ブログ

PAGE TOP