ストレスが溜まりすぎて、最近眠りにくくなった人は読んでください

「東京都中野区にある自律神経失調症を専門に扱う鍼灸整体院

東洋からだ研究所コンドウです。

新人の教育係になり半年がたつ。毎日一生懸命手取り足取り教えているけど、なかなか仕事を覚えてくれない。。。

新人は、明らかに仕事に対するモチベーションが低く、やる気を感じられない。

新人がミスしたら、わたしの責任になってしまうし。

「おまえの指導が悪いから新人や部下が育たない」

「ちゃんと責任を持って仕事をしろ」

と叱責されるのはいつもわたしだ。

モチベーションの低い人間に指導しても限界があるはずなのに。。

こんな毎日で、仕事のストレスが溜まり、寝付きが悪くなり、心身ともに疲れているのに寝れない。。

最近は、眠れないこと自体がストレスになってきて、明日も仕事なのに、また寝れなかったらどうしようと不安になり、余計に眠れなくなった。

このままでは、体だけだはなく、心も壊れてしまいそうだ。。

モチベーションの低い人に、何かを教えるってしんどいですよね。

教えたことで新人がミスしたら、新人は「それは教えてもらっていません」

上司は「お前の教え方が悪い」まさに、板挟み。。。

これでは、ストレスが溜まって、体が壊れても仕方がありません。

自律神経の不調は不眠の原因になります。その理由

今回の教育係の人は、ストレスから不眠になり、眠れないので体力と回復力が落ちてしまい、体に慢性の疲労が溜まってしまう。

そして、体が疲れているから、精神的にも不安定になりやすくなり、自律神経が不調になってしまったケースです。

不眠症は、睡眠障害の中で、最も頻度が高く、成人の21.4%が不眠を訴えており、さらに、成人の14.9%が日中の眠気に悩み、6.3%が寝酒あるいは睡眠薬を常用していると言われています。

不眠は、心と体を維持するうえでとても重要です。

眠れないと、疲れが残り体が重くなります。そうなると精神的にもしんどくなりますよね。

ストレスがかかると、自律神経は簡単に乱れます。

自律神経は、交感神経と副交感神経の二つがあり、活動中や仕事中、興奮や緊張状態のときは交感神経が働き、リラックスや睡眠中は副交感神経が働きます。

ストレスがかかり、イライラがする機会が多いと、交感神経ばかりが働いてしまい、リラックスすべき時間や睡眠時も、興奮したり緊張して、なかなか体の力が抜けず、不眠の原因になります。

詳しくはこちらに書いてあります。

↓↓↓↓↓↓

原因不明の体調不良の時によくある「自律神経の乱れ」とは、どういうこと?

自律神経が乱れると、不眠だけではなく、肩こりや頭痛などの様々な症状が出ます

症状が、たまたま不眠だっただけで、人によっては、耳鳴り、食欲不振、動悸、高血圧、体がかゆい、めまい、朝起きれなくなる、

などの体の症状が出ます。

また、精神的な症状も出ます。

イライラしやすい、怒りっぽくなる、理由もなく不安感になる、訳もなく涙が出てくる、気力がない、やる気がない

などの精神的症状も出ます。

詳しくは、イラストをご覧ください。

ストレスが引き金になり、自律神経が不調になるケースはとても多いです。

その流れを説明したものが以下です。

興味のある人はご覧ください。

↓↓↓↓↓↓

ストレスに負けない為に知っておきたい、ストレスと自律神経と原因不明の体の不調の関係

ストレスにより自律神経が乱れた不眠の対策

不眠自体の対策というより、ストレスから不眠になることが多いので、人間関係のストレス対策です。

どうしても相手の欠点ばかりに目がいってしまいますよね。そうなると、相手に必ずある長所が見えなくなってしまいます。

上司にある立場の人は、職場内の部下や新人に対して、短所しか見えなくなると相手の真の能力も見えなくなります。

こうなると、ストレスもたまるし、仕事の進行に支障が出ますよね。

中国の思想家孔子は、

優れた人は、相手の長所に着目し、短所があったとしても、見て見ぬふりをする。

愚かな人は、相手の欠点ばかりにとらわれてしまい、いいところがあっても忘れてしまう

と言っています。

長所に目を向け、短所を忘れるという気持ちで人と付き合うことが、人間関係が良くなるし、ストレスを減らす方法の一つです。

とはいえ、分かっていても難しいよー!という人が多いことも事実です。

そんな人にオススメなのが、体を操作すると、誰でもストレスが減る方法です。

目線の位置を上にする

これだけで、ストレスが消えてしまうというとても簡単な方法です。

詳しくは以下に書いています。興味のある人はご覧ください。

些細なことにイライラして、傷つきやすくなっている人への具体的な対策

それでも、ストレスが減らず、不眠が改善しない人は、

一度ご相談ください。

自律神経が不調になっている場合、一度、体を変えることをおすすめします。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

料金はこちら(ネット割あります)

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。

そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。

病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

もちろん、医学的や科学的なしっかり根拠を述べることはできませんが、今までの10000人以上のお体を視てきた経験則で

体を変えると、症状も変わる。

症状が変われば、気持ちも前向きになり、笑顔が増えます。

悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

関連記事

  1. 子どもに増えている「スマホ老眼」見えにくい!と感じた時の簡単…

  2. 偏頭痛がいつ起こるのか不安で、頭痛薬を手放せない人の対策

  3. 家系ラめん

  4. 不機嫌な相手の顔色をうかがってビクビクしてストレスをため続け…

  5. あなたは評価する側?される側?

  6. 介護うつになりやすいケースと対策

最近の記事

ブログ

PAGE TOP