改善しない肩こりの本当の原因を知りたくないですか?長引くなら自律神経の不調が原因かもしれません

中野区にある自律神経専門の鍼灸整体院コンドウです。

 

国民病とされている「肩こり」色々なパターンがあります。

子どものころからずっと!という人もいれば、いまだに全く感じないという人もいます。

気を付けたいのは、最近急に肩こりを感じ始めた場合です。

そんなAさんのケースです。

以下。

2か月前くらいから肩こりの症状が辛いので、パソコン仕事に支障が出て困っている。

最近はこりが痛みになり、それがひどいために、作業を続けられないことが増えた。こういうときに限って仕事量が増え、納期は待ってくれないので歯をくいしばってこなしている。

肩の痛みもそうだけど、頻繁に起こる頭痛にも悩まされている。仕事中に頭痛になると、痛くてきつくて何も考えられなくなる。。

近くの整形外科に行くと姿勢が悪いといわれた。自分で注意しているけど、姿勢を意識しすぎて余計に肩がこった。電気治療を行っても根本的に変わっていない気がする。

寝るときも全身力が入っている感じがして、朝目覚めてもスッキリせず、肩が重い。。。

これからさらに仕事が忙しくなると思うと憂鬱になってくる。。。

このような流れで、肩こりや痛みが慢性化するケースはとても多いです。肩こりは身体からのSOSサインです。

肩こりが強い場合は、随伴症状として、首こりや頭痛が起こる人が多いです。

休息しても改善しない肩こりは要注意

以下の人は注意です。

一晩寝ても、肩こり感や重さが取れない

これは自律神経の乱れてきているサインです。

最近急に肩や首のこりを感じるようなった

一晩寝てもこり感や重さがとれない

そういう方はこんな生活習慣を送っていませんか?

・スマホやPCを寝る前に1時間以上見てしまう

・休日前と休みの日は昼夜逆転してしまう

・運動をまったくしていない

・自宅からあまり出ない

自律神経の乱れと肩こりを放置すると、肩こりが慢性化し、頭痛が起きたり憂鬱になったり、精神的に不調になります。

心当たりある人いたら、即ケアしましょう。

 

肩こりのケア方法として、肩甲骨を動かすこと

伸びです。

地味ですが効果大です。伸びをしたまま、大きく深呼吸を一回してみてください。これだけで肩回りの血流がよくなります。こまめに行ってください。

肩がこる直接原因は、肩の血流が悪くなっているから。では血流を良くしてあげればいい。

そこで大切なことが肩甲骨を動かすこと

肩甲骨には、こんなにたくさんの筋肉がついています。

筋肉は動かすと血流が良くなります。肩甲骨が動くと、図の筋肉がグングン動きます。

肩甲骨を動かすためには、腕を水平より上にあげる必要があります。水平より下だと肩甲骨が動きません。

水泳、剣道などは肩こりにとてもいいです。腕を上げる機会がとても多いですから。鉄棒にぶら下がるだけでもOKです。

例えば、阿波踊りは肩こりには最適です。腕を上げて、そこからさらに動かしますからね。

日常生活で腕を上げる動作はほとんどありません。せいぜい高い所にある物をとるくらいです。

こまめに伸びをしましょうね(^^)/

自律神経の乱れがなかなか改善しない肩こりの原因かもしれません

動かしてもなかなか治らない肩こり。

これは自律神経の乱れが原因という理由として、自律神経の働きを知りましょう。

自律神経の働きと自律神経が乱れたらどうなるのか?

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、

活動中や緊張したり、ストレスを受けると交感神経が働き、リラックスや休息中は副交感神経が働きます。

血管にも自律神経が巻き付いているので、交感神経が働くと、血管がギュッと縮み血流が落ち、

副交感神経が働くと、血管が緩み、広がるので血流が上がります。

動かしてもなかなか治らない肩こりの人は、交感神経が働きすぎて肩の血流が落ちている可能性があります。

仕事がきつかったり、職場の人間関係で疲れていたり、家事育児がきつかったり、、、このような状態が続くとストレスが蓄積され、交感神経が働きやすくなります。

日々緊張状態が続いたり、つらさを分かってもらえなくて、慢性的にストレスをかかえていませんか?

(ストレスを自律神経の関係性の記事はこちらです)

だから、自律神経の乱れからくる肩こりも存在すると考えています。

自律神経が不調になると、

耳鳴り、めまい、動悸、不眠など肉体的な症状と、

不安、突然涙が出る、怒りっぽくなる、イライラする、無気力になるなどの精神的症状があります。

自律神経が乱れる原因と体の特徴はこちら。

ご来院されている自律神経失調症やうつ病のクライアントさんに聞くと、初期は肩や背中がこって、痛かったということをおっしゃいます。それを放置した結果、上記の症状が出てくるケースが多いです。

肩こりの時点で何らかのケアをすれば、自律神経の不調も防げると思います。その結果、自律神経失調症やうつ病の予防につながるではないか考えています。

東京中野駅5分にある自律神経の乱れを整える専門の鍼灸整体院です

今まで10,000件以上の施術をしてきた経験があり、自律神経の不調を専門に扱ってきている当院だからこそ、あなたの気持ちを同じ立ち位置で見ることができるのです。

体の状態を変えて、一人で悩み苦しみ、不安な毎日を過ごすのは終わりにしませんか??

動かしても治らない肩こりや自律神経の不調でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

料金はこちら(ネット割あります)

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。

病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

もちろん、医学的や科学的なしっかり根拠を述べることはできませんが、今までの10000人以上のお体を視てきた経験則で

体を変えると、症状も変わる。

症状が変われば、気持ちも前向きになり、笑顔が増えます。

悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

関連記事

  1. 【自律神経の乱れでご来院のお客様の声】施術の後は、呼吸が深く…

  2. 夏バテで食欲不振の対策、食べる?食べない?

  3. カラケンのセキュリティシステムはこれです

  4. 人間関係をジワジワと、たまに瞬殺で駄目にするNG行為!マウン…

  5. 肩こり、手の冷えとしびれ、妊娠中の調整でご来院されたNYさん…

  6. 不眠、頭痛、肩こりでご来院されたMKさん【お客様の声】

最近の記事

  1. ミラーボール

    2021.03.2

ブログ

PAGE TOP