片頭痛(偏頭痛)の薬が効かなくなると危険です。それでも薬を飲み続けますか?自分でできる対策

東京都中野区にある自律神経専門の鍼灸整体院

東洋からだ研究所コンドウです。

・休日前になったり、イベント前になると、なぜかジワジワ〜と頭が痛くなる。だから、最近は休日が怖い。

・一日中パソコン仕事をしていて、夕方になるとズンズンと頭が痛くなる

・頭が痛くなると、食欲がなくなり、吐き気がして立っていられない。そうなると一日中寝込んでしまう。

こんな頭痛や片頭痛(偏頭痛)で悩んでいませんか?

人口の半分の人が経験があるという偏頭痛。以前は女性に多かったですが、最近は男性の偏頭痛も増えています。

原因は不明。

ストレスや心身の疲労などで自律神経が乱れる偏頭痛になる説や、パソコンやスマホの使い過ぎで眼精疲労から自律神経が乱れる説もあります。

どれが本当の原因か分かりませんが、これらが引き金になっている可能性が高いです。

対策として、大体の人が鎮痛薬を飲んでいると思います。

薬が痛みを治すわけではなく、抑えているだけなので根本的な解決にはなりません。

しかし、痛みを抱えながら、お仕事や家事や育児は実際しんどくてきついはずです。

薬で、一時的にでも、痛みが軽減することは大切です。ぜひ活用してください。

偏頭痛を持っている人が辛いところは、しんどさを分かってもらえないところではないでしょうか。

骨折や捻挫などの外傷だと、包帯やテーピングを巻かれるので分かるので職場や家庭で体を気遣ってくれます。

偏頭痛は一見元気に見えます。だから、なかなか周りの気遣いを得にくいです。

これは体験した人にしか分からないかもしれません。

片頭痛(偏頭痛)の鎮痛剤は頻繁に飲むと効果が弱くなる。結果、強い薬を飲み続けると副作用が出ます

偏頭痛が頻繁に起こり、そのたびに薬に頼っていると、だんだんと慣れてきて効きが落ちてきます。

これは体の耐性が徐々にできてくるのが理由です。結果、もっと強力な薬が必要になります。

薬には、主作用と副作用があります。

主作用が強くなるほど、体への副作用も強くなり負担が増えます。それが何年も繰り返さえると、

活性酸素が体内に増加し、正常な細胞を傷つけ始めると言われています。

活性酸素には強い酸化作用があり、体内に侵入したウィルスや細菌や有害物質を除去するという大切な働きがあります。

しかし、多く発生してしまうと、体を酸化させてしまうため老化が促進するといわれています。

また、正常な細胞を傷つけてしまうので、動脈硬化や悪性腫瘍などいろいろな病気の原因や発がんなどのきっかけを作ってしまいます。

細かい理屈抜きで、地球上では天然に存在しない物質である薬を体に入れ続けることは、あまり好ましいことではないと思いませんか?

漢方薬が体に優しいと言われている理由は、天然に存在するものを生薬(しょうやく)として用いているからです。

しんどいときにたまに使うのはいいと思いますが、薬は常用しないほうがいいです。

 自分でできる片頭痛(偏頭痛)の対策

首元を温める

市販のネックウォーマーやマフラー的なものでOKです。

偏頭痛になりそうだな〜と感じたら行ってみてください。

首元は自律神経の副交感神経があります。

自律神経についてはこちら)

首は頭を支えるため、疲労して固くなりやすいです。

そうなると、首に集中しているリラックス担当の副交感神経が上手く機能しなくなります。温めることにより、副交感神経が活発になりリラックスします。

全ての偏頭痛に有効かどうかは分かりませんが、ぜひお試しください。

もし効果があれば、偏頭痛になっても怖くなくなります。そういう引き出しが多いほど、精神的に楽になります。

今後も、そういう情報を発信し続けますね。

東洋からだ研究所は自律神経失調症を専門に扱い、自律神経の調整を行う鍼灸整体院です

薬を飲んでも改善しない片頭痛(偏頭痛)は、自律神経の乱れが原因の可能性があります。

自律神経が乱れると、片頭痛(偏頭痛)以外にも、肩こり、目の疲れ、寝ても疲れが取れない、イライラする、やたら不安になるなどなど、様々な症状が出ます。

詳しくはこちらに書いています。

↓↓↓↓↓

原因不明の体調不良の時によくある「自律神経の乱れ」とは、どういうこと?

自律神経が乱れて出る症状は以下です。

このような症状が続き、つらいときは自律神経の不調の可能性が高いです。

多くの人が自律神経が乱れています。逆に、自律神経を整えると、症状は緩解するケースはたくさんあります。

お気軽にご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

料金はこちら(ネット割あります)

当院は、問診を重要視し、独自の検査でお体の状態を把握します。

そして、自律神経が乱れた体に特化した施術を行います。

病院で検査は異常なし、原因不明の症状が、当院の施術で体を変えることにより、改善したケースは枚挙にいとまがありません。

もちろん、医学的や科学的なしっかり根拠を述べることはできませんが、今までの10000人以上のお体を視てきた経験則で

体を変えると、症状も変わる。

症状が変われば、気持ちも前向きになり、笑顔が増えます。

悩む前に、ぜひ一度ご相談ください。

050-3595-1677(平日10~20時)

karada.yokunaru@gmail.com

・火水金土の10~20時診療(予約制)

(よく読まれている記事)

自律神経の対策として鍼灸は有効なのか?

必見!自律神経失調症の対策でよくある「一日三食とる」の本当の意味を知りませんか?

自律神経失調症やうつ病はカウンセリングを受けても改善しない場合があるのはどうしてなのか??

関連記事

  1. 偏頭痛がいつ起こるのか不安で、頭痛薬を手放せない人の対策

  2. 私って情緒不安定?突然涙が出てくるようになった。。うつを疑う…

  3. 風邪・コロナ・インフルエンザの簡単な予防法

  4. 夏風邪は馬鹿が引く。。。わけではない。その予防策!

  5. ブラック企業勤務のストレスが自律神経の乱れを引き起こし、不眠…

  6. 快眠しよう!!夜中に目が覚める、眠りが浅くて毎日ぐっすり眠れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ブログ

PAGE TOP